うつ病かと感じたらすぐ専門の病院で診断し、治療を始めよう

うつの苦しみを解消

薬で治療

困る

うつ病の治療薬は昔に比べて相当進化しています。昔はただただ高ぶった神経を落ち着けたり、不安感を打ち消してくれたりするような物質を多く体が出してくれるように作用する治療薬しかありませんでした。
しかし、近年ではそれに加えて更に優秀な効果を発揮してくれる薬が登場しました。
まずその1つにSSRIがあります。これはセロトニン再取り込み阻害剤といわれているものです。セロトニンとは人間の脳内に勝手に分泌されているものであり、幸福感や満足感を司っている物質です。うつ病になるとこの物質が極端に減少し、そのせいでマイナスの感情ばかりが前に出てくるようになります。
このセロトニンは排出されてからしばらくすると、脳内に再吸収されるようになっています。しかし、SSRIの薬を利用すれば、再吸収されなくなりますから、分泌ばかりがされるようになります。
そうすれば必然的に脳内にあるセロトニンの量が増加し、うつ状態が緩和されてくるのです。

それと似たような治療薬にSNRIという治療薬もあります。これはセロトニンの再吸収を防ぎつつ、アドレナリンという興奮物質を出しやすくしてくれます。
アドレナリンが分泌されるとうつ病にありがちな無力感、様々な意欲の減退を改善させることが出来るようになるのです。
うつ病として診断された人はこれらの治療薬を上手く組み合わせ、自分の精神的なバランスを自分で整えていけるようにします。